ハイジニーナ脱毛

アンダーヘアーの脱毛をお考えなら、ハイジニーナ脱毛コース

ビキニライン(Vライン)だけでなく、Iライン(陰部周辺)、Oライン(肛門周り)まで、アンダーヘアと呼ばれる範囲の脱毛が全て含まれているのがハイジニーナ脱毛コースです。一時期は、Vラインのビキニラインだけを脱毛する方が多かったですが、現在は衛生的な面からも、IラインやOラインの脱毛を希望する方が増えているため、それに対応する脱毛コースを設置しているエステや医療機関が増えています。

エステ・医療機関の脱毛か、自己処理か

アンダーヘアの周辺の皮膚はとても繊細です。身体の皮膚と違い、粘膜質な部分が多いため、一般的には外的刺激に弱い部分となります。肌質的には、腕や足の脱毛よりも弱い部分になるため、十分に気を付けて脱毛処理を行うほうが良いでしょう。刺激の強いワックスや除毛クリームが染みる場合には、すぐに使用を中止したほうが良いでしょう。強い刺激や摩擦のあとには、皮膚の色が黒ずむ原因にもなりかねません。また、自分では見えづらい場所になるためため、カミソリを使っての処理も難しい場所です。誤って切り傷を作ってしまった場合には、切り口からばい菌が入る可能性もありますので十分に注意して処理を行う必要があります。
こういった危険性の高い自己処理から解放され、いつでもきれいなアンダーヘアを保つために人気なのがエステや医療機関における脱毛です。自己処理によるジョリジョリや、不完全な脱毛ではなくなるため、下着や水着姿のときに悩むこともなくなり、恥ずかしい失敗をすることから解放されます。

「Oラインも脱毛すればよかった。」という後悔

Vライン・Iライン脱毛をした女性の多くは、Oラインもやっておけばよかったと後悔するそうです。Oライン周りだけ毛が残っている可能性があるわけです。実は、全身脱毛コースでも、VラインとIラインは含まれているのに、Oラインの脱毛取り扱いがないエステサロンも少なくありません。高いお金を払って全身脱毛をしたのに、Oライン周りだけ未処理な状態で終わってしまうということです。Oラインが入っていると思ったのに、脱毛が始まってから気づいた、という方もいるかもしれません。

Oラインまでしっかり脱毛できるハイジニーナ脱毛コース

現在では、Oラインまで脱毛できるハイジニーナ脱毛コースを設置しているエステや医療機関が増えてきました。しかしながら、ハイジニーナ脱毛というコース名でも、実際はVライン・Iラインのみの脱毛エステサロンもあります。自分で組み合わせて脱毛範囲を決めるコースでもOラインが含まれていない場合もありますので、しっかり確認すると安心です。

VIOラインすべての脱毛ができるハイジニーナ脱毛のエステサロン・医療脱毛をご紹介

ハイジニーナ脱毛が出来る人気エステサロン

1位 VIO脱毛特化のエステサロン【Pulito(プリート)】

Pulito(プリート)公式サイト

プリートはVIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)に特化した脱毛サロンです。プリートのハイジニーナ脱毛のうれしい点は、通常より広めのボクサーパンツ範囲までを脱毛対象範囲であること。Vラインは通常よりも太ももにかけて広めとなっているため、通常のVラインから少し離れて生えているようなアンダーヘアも料金範囲内で脱毛できます。またエステ脱毛サロンという名前のとおり、肌にも配慮された脱毛です。脱毛用ジェルにヒアルロン酸を高配合したものを使用し、脱毛後の鎮静保湿パックはEGFを配合しているなど、嬉しい配慮があります。

コース回数は、3回、6回、12回、18回コースがあり1回あたりの料金は9000円となり、回数が増えるほど1回の料金はお得になります。現在12月のキャンペーンにて、VIO1回のお試しが、定価25000円 → 5000円(税別)の80%OFFになっています。その他コース料金が12月31日までのお申込みで50%OFFのキャンペーン中。(2017年12月24日現在)

現在関東地方だけの店舗展開ですが、ハイジニーナ脱毛専門店ながら広範囲の脱毛範囲で人気のあるハイジニーナ脱毛サロンです。

Pulito(プリート)公式サイト

2位 湘南美容外科クリニックレディース脱毛

湘南美容外科クリニック 脱毛公式サイト

湘南美容外科のハイジニーナVIO脱毛は、脱毛範囲が広い&短期間脱毛が特徴です。脱毛範囲は、へそ下から足の付け根までと十分な範囲です。ハイジニーナVIO脱毛が、1回お試し価格14,580円(税込み)。エステと違って病院にかかりがちな初診料・再診料もO円。

カウンセリングはもちろん無料だから、14,580円以外に費用はかかりません。カウンセリングの後には、レーザーをお試しすることができるので、肌が弱い人でも、肌が荒れて通えなくなることやお金を無駄にすることはありません。

医療脱毛を選ぶメリットは、レーザー出力が高いので施行時間が短く、恥ずかしいハイジニーナ脱毛も早く終わらせることができます。また、出力が高いレーザー脱毛だから通う回数も少なります。

プリートと比べると脱毛範囲は狭くなりますが、一般的なハイジニーナVIO脱毛としては十分な範囲です。

コースは最長6回コースなので、6回でキレイに脱毛できれば時間的な拘束もすくないです。医療脱毛は脱毛サロンより高額なイメージですが、プリートと比べて6回コースで約15000円ほどの差です。医療脱毛のほうが少し高いですが、レーザー出力が高い分、同じ回数でも脱毛の進み具合が早いのかもしません。湘南美容外科クリニックは全国70店舗展開していて、脱毛実績がある医療機関として安心感があります。

湘南美容外科クリニック 脱毛公式サイト

すべての毛をツルツルになくすのではなく、減毛したりアンダーヘアを自然な形に残したり、
自由に脱毛できるのがハイジニーナ脱毛です
ハイジニーナ脱毛には、アンダーヘア上部も脱毛範囲に入っているため
ムダ毛処理だけでなく、形を綺麗に整えることも同時に行えます
VIOラインのムダ毛処理をしたい人にも、形を整えながら脱毛したい人にも
きれいなビキニラインやアンダーヘアを実現できる脱毛サロンの
ハイジニーナ脱毛コースをランキング形式でご紹介します。

エステサロンか、脱毛器か?
アンダーヘアー脱毛のやり方としては、エステサロンを利用するか、脱毛器を使って自分で処理するかの2通りです。
【エステサロンを利用する場合】
VIO・ハイジニーナと呼ばれるアンダーヘア部分だけの脱毛、または全身脱毛にてアンダーヘア部分を含めた脱毛があります。

毛深いと言う場合、密集して毛が生えている場合もあれば、産毛のように全身にびっしり生えている場合があります。密集して生えていて、減毛したかったり形を整えたい、エチケットのためにという方であればアンダーヘア箇所だけで十分だと思います。全身にびっしり毛が生えているような方には、アンダーヘア部分を綺麗にするとその周りの産毛が目立つようになるというデメリットがあります。結局あとあと全身脱毛までやってしまうというケースもあるので、手や足なども部分的にするのは個人体験からしておすすめしません。今は学割や月々定額制の全身脱毛があります。こういう制度を利用したほうが、毛のことで悩むことがない生活には近道だと思います。

【脱毛器でセルフケア】
脱毛器を使う場合は、アンダーヘアにも使えるのか、粘膜部分にも使用可能か、また痛みはどの程度なのか。そういった点を確認してから購入しましょう。ときどき、脱毛器という名前がついていても、使用をやめると毛が生えてくるというものがあります。説明書にも書いているので買った後に気づいてもどうしようもありません。ケアン、ラヴィのように使用できることが確認できたものを買いましょう。

水着になる時期が近づくと、気になるのがアンダーヘア
今は男性さえも、すね毛を薄くしたり毛深さを悩む時代。
周りの男性たちがこうだから、女性の毛深さへのチェックも厳しくなっているのかも。

それから、今の女性下着は作りが小さいですよ。
ムダ毛を出さずに可愛く着るには、やっぱりアンダーヘアの処理が必須かも。

サブコンテンツ

このページの先頭へ